大学受験の参考書・問題集をまとめたサイトです。

 

このHPは、大学受験で「絶対勝ちたい」という強い想いを持った人のために作られました。

大学受験は、おそらくほとんどの人にとって人生最後の公平な試験です。

(司法試験、公認会計士試験、医師国家試験や各種資格試験を受ける方は別です)

社会に出てからは、理不尽なことがたくさん待っています。

大学受験を控える皆さん、今、本当に辛いと思います。遊びたい盛りの18、19歳。

男子は性欲で毎日ムラムラし、女子もまんざらではない時期だと思います。

しかし、恋愛に現を抜かして勉強を怠った人のほとんどは、入学後の就職活動の時期から自分の選択を後悔するでしょう。

2013年現在、一流企業における一次選抜において、MARCHの人のほとんどはESで落とされてしまいます。

早慶の文学部当たりも厳しいでしょう。

皆さんが、普段目にする企業、どんなものがありますか?ユニリーバ・味の素・トヨタなどなどたくさんあるでしょう。

・・・

ハッキリ言ってそれらの企業には、早慶合わせて上位10%、東大の上位30%ほどしか入ることができません。(関連会社や下請け会社は別です。)

そして、早慶の下位20%以上、東大の下位10%以上の人は、一般人には名前も聞いた事の無い、よく分からない企業に入社することになります。

 

これが現実です。

 

大学入ったら可愛い女の子と付き合いたい?

早慶の学生は合わせて各学年2万人弱居ます。1〜4年生までで7万人。

7万人の内、男子は約6割です。

ものすごい数の強敵がゴロゴロ居るのが想像できるでしょう。

社会に出たら、年収1千万稼ぎたい?

早慶それぞれ上位8%くらいでしょうか。

つまり、早慶ブランドも使えるのが在学中の4年間だけ。

その後は、熾烈な出世競争が待っています。(民間企業の場合)

 

これを読んで、いろいろ考えることがあると思います。

 

一つ言っておきますが、「一流大学に行くこと」が全てではありません。

人生には「無限の選択肢と可能性」があります。

どんな道を歩もうが、それはそれで構わないと私は思います。

しかし私はここで、大学受験そして就職活動で四苦八苦した経験から、今の高校生や浪人生の『何としてでも一流大学に行きたい!』『大学受験はあくまで踏み台だ!』という純粋で前向きな気持ちを、力の限り応援したいのです。

 

私自身、時間の許す限り当サイトの『掲示板』や『問い合わせ』で、皆さんの大学受験のサポートをしたいと思っています。

長い受験期間、辛いとは思いますが、是非とも一緒に頑張りましょう。

それでは皆さんが悔いのないよう、精一杯自分の人生を創造できるよう祈っています。

 

※2013.3.18 製作中です。未だ、未完成の部分が多々あります。

受験・学習ランキング←HPランキング参加中。 ※当サイトはリンクフリーです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

《サイト紹介(おまけ)》

このHPのテーマは、「大学受験の参考書・問題集に関する情報」です。

戦前から今日まで、実は日本の大学受験の歴史はそんなに長くはありません。

さらに、インターネットの普及により「大学受験に関する情報」は、今やネットにアクセス出来る人皆が共有できるようになりました。

私(管理人)は、大学受験終了後、自身の膨大な時間を費やし過去の「大学受験の傾向」を分析し、受験で勝つ人達に共通する勉強法を徹底的に調べました。

そこでわかってきたのが、大学受験においては”5W1H”の『WHAT』と『HOW』が非常に重要だという事でした。

そんなの当たり前じゃん、と思う方もいるかもしれませんが、この二つは中々侮れません。

WHATは、参考書や問題集です。

HOWは、その参考書や問題集の使い方(勉強法)です。

これさえ間違えなければ、誰でも東大に受かることができます。

(実際には、それなりの根性や忍耐力、自己管理能力、集中力、他のことを犠牲にすることが出来るかどうかも必要なわけですが。。。)

私は、皆さんに是非とも正しい参考書・問題集を使って、大学受験で成功をしてもらいたいんです。

なぜなら私自身、青春期のかなりの年月を大学受験で浪費してしまい、さらに、かなりの資金を参考書・問題集、そして予備校の授業に浪費してしまった経験があるからです。

はっきり言います。優れた参考書・問題集を効率の良い勉強法で学べば、誰でも受験で勝ち組になれます。

参考書や問題集の選択は、大学入試に合格するために最も重要なことです。

質の高い参考書・問題集を使って勉強するのとしないのとでは、受験勉強の効率が大きく違ってきます。

塾や予備校は一切必要ありません。

このHPに挙げた参考書・問題集を的確に選び、私の紹介した勉強法で学べば、必ず成績は上がります。

早慶、一橋、東工大は本当に楽勝です。

東大、京大も合格圏内まで持って行く事が可能です。

私は一年間の浪人の末編み出した勉強法(HOW)で東大をおよそ5ヶ月の勉強で制覇しました。

その後、再受験を決意してからWHAT(参考書・問題集)を入念に調べ、わずか3ヶ月の勉強で医学部合格を果たしました。

東大、京大、早慶、一橋、東工大、MARCH、、、大学受験であれば、どこにも通用します。

長く書き過ぎて胡散臭くなりましたが、このサイトに挙げた「参考書・問題集」と「勉強法」で大学受験をちゃっちゃと終わらせ、より皆さんが飛躍できることを祈っています。

そして、大学受験での成功を夢見る皆さんが、このサイトを通じて素晴らしい参考書・問題集と出会い、大きな成長を遂げるのを願って止みません。

 

 

 

 

聞きたい事や意見がある方は、

お気軽にどうぞ↓

お問合わせはこちらから

※出来るだけ、対応します。